ほりみりおから見た世界

オリジナルスケジュールノートと、より良い明日のための深い思いの発信基地

やりたいことをやろうとしたら、むしろつらくなったから・・・

「やりたいことをやって生きよう!」って、とても響きがいいことばだと思います。

わたしもそう思って、いろいろこれまで試行錯誤してきました。

 

でも、つらくなりました。

「やりたいことをやって生きよう」と思っても、なかなかうまくいかなくって、しかもその間、「やりたくないこともやる人生」は続いてて、うまくいかないストレスとやりたくないことをやるストレスに苛まれて、最終的に体調を崩してしまう。

そんな繰り返しでした。

 

今でこそこのループに自分がはまっていることに気付けたからよかったものの、もし気付けていなかったらと思うとゾッとします。

 

やりたいことをやろうとしたら、むしろつらくなったから、わたしはまず、やりたくないことをやらないようにしようと思いました。

 

やりたいことをやる人生がなかなか実現しなくても、やりたくないことを一つ、また一つとやらないようにしていけば、日々のストレスは着実に減っていくと思ったからです。

 

そしてわたしは、やりたくないことをリストアップしました。

  • カッコイイものを持たない
  • 気分が乗らないなら何もしない
  • 着たくない服は着ない
  • ヘアスタイルを忖度(そんたく)しない
  • 睡眠を犠牲にしない
  • 他人の前で自分を作らない
  • 目先の利益のために、よく分からないものを売らない
  • 誰かのために、自分の命を削らない

 

ここまで書いて、わたしはあることを思い出しました。

 

それは『カリギュラ効果』と呼ばれるもので、人は何かを禁止されると、むしろそれをしたくなるというもの。

「いいと言うまで絶対に目を開けないでください」と言われたら、こっそり目を開けたくなりますよね。それです。

 

「やりたくないことをリストアップしたけど、『ちょっとぐらいなら…』という甘えが出来そうだな」と思ったので、わたしはこのリストを『やりたいこと』に変えることにしました。

 

  • カワイイもので、満たす
  • 気分が乗るときに、気分が乗ることをする
  • 着たいと思う服を着る
  • なりたい髪型になる
  • よく寝て、気持ちよく目覚める
  • 「たったひとりのわたし」を生きる
  • 自分のこころも、いっしょに売る
  • 自分を貫くことで、いつか誰かが救われる

 

こっちのほうが俄然やる気がでてきました。

しかもこれ、やりたくないことをやりたいことに変換することで、自然とやりたくないことを遠ざけられているというね!!

 

 

 

やりたいことをやる人生は、本当に素敵だと思います。

でも最初からそれを目指そうとすると、ストレスでつぶれちゃう人がほとんどだと思います。

 

だからわたしはまず、やりたくないことをやらない人生を目指すことにしました。

でもそれだとなんかつまんないから、やりたくないことをやりたいことに変換しちゃいました。

 

これでいいんだ。

そう思います。