ほりみりおから見た世界

ショートエッセイや何気ない日常を、ほりみりお視点でお届けします。

ポスト手帳時代

 

びっくり!
半月も投稿してなかったんだね(笑)

自分のサボり具合にびっくりなほりみりおです。

 

 

さて、ブログを書くのは久々になりますが、じつはnoteでは着々とエッセイの数が増えています。

note.mu

それでもこんなに遅くなってしまったのには、れっきとした理由があります。

 

 

ここ最近、自分のあり方や、自分と手帳との関係性について、色々考え、試行錯誤していました。

 

自分の価値観。

自分がやるべきこと。

自分の幸せのカタチ。

 

音楽を聴いたり、

書店に行ったり、

豆腐の角に頭をぶつけたり、

少しでも髪をはやく乾かそうとヘドバンしたり、

買い物が二度手間になってイライラしたりしながら考えた結果、

自分でも想定していなかった結論に至りました。

 

今回はそんなかでも、

「手帳」

に関するお話を。

 

 

 

ほりみりお、手帳に不満を持つ


 

私ほりみりおは去る2016年からA5サイズのシステム手帳使いでしたが、自分なりに改善に改善を重ねるなかで、下記の不満が出てきました。

 

・重い

・でかい

・リングが邪魔

 

はい、典型的なシステム手帳あるあるですね(笑)

これに対し、ほりみりおはこのように対処しました。

 

・A5サイズからバイブルサイズへ変更

・バイブルサイズのなかでも、標準サイズより小さいジャストサイズの本体を使用

・リング径が小さいスリムタイプに変更

 

うん。これで万事解決♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・って思った?(笑)

 

残念ながら、そうは行かなかったのです。

この対処の結果がこれです。

 

 

 

・ちっちゃいから、めっちゃ細かい字で書き込まなきゃいけない

・ちっちゃくても、やっぱり重い

・ちっちゃくても、やっぱりリング邪魔

 

 

 

 

 

 

うん、ほとんど解決してないね^^;

というわけで、小型化による問題解決は、あえなく失敗に終わったわけです。

 

 

 

ほりみりお、手帳を捨てる


 

ほりみりおは、考えました。

 

「どうすれば、書きやすくて、軽い手帳ができるんだろう・・・。

 

考え、

 

考え、

 

考え・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒラメキました!電球ピコーン!!←

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも、私の手帳にたいする不満は、

 

・重い

・でかい

・リングが邪魔

 

でした。

 

 

 

だったら、

 

・軽くて、

・コンパクトで、

・リングが邪魔にならない(=書きやすい)

 

この3点さえ満たせばよい。

 

 

 

そう。

 

 

 

 

 

この3点が満たされれば、別に「手帳」である必要はないのです。

 

 

 

新たな媒体、ついにカタチに!


 

こうして「手帳でなければならない」というバカバカしい固定観念を捨てた私は、様々な紙製品を検討しました。

 

 

そしてついに、

 

 

 

・軽くて、

・コンパクトで、

・それでいていっぱい書けて、

・リングが邪魔にならず、

・システム手帳のように中身を抜き差しでき、

・スケジューリング機能もある

 

 

 

そんなモノが、カタチになりました!!

 

 

これを手に入れた私にとって、もはやシステム手帳は無用の長物です。

 

 

こうして私は、手帳を捨てるに至りました。

 

別にすべてを可燃ごみや紙ゴミとして処分したとか、そういうわけではありません。

今後の開発に役立つ貴重な資料ですからね。

 

必要ないので、携帯しなくなったという意味です。

 

これからは重たい手帳なんかカバンに入れなくても、この新たな媒体を持ち歩けばいいのです。

 

 

 

果たして、この新たな媒体の正体とは!?

 

 

 

 

 

 

また次回!!