ほりみりおから見た世界

オリジナルスケジュールノートと、より良い明日のための深い思いの発信基地

「課題をクリアすれば楽になれる」という幻想

f:id:horimirio:20170717185136j:plain

あなたは今、どんな「課題」に取り組んでいますか?

 

 

夏休みの宿題?売上目標?資金繰り?

 

 

人それぞれ、さまざまな課題があると思う。

 

 

 

わたしも常に何かしらの「課題」を抱えて、それを達成するために邁進してた。

 

 

ただね、ちょっと考えてほしいんだけど、

 

 

 

その「課題」って、達成する意味あんのかなぁ?

 

 

 

「何をこいつは言い出すんだ」って思うかもしんないけど、冷静に考えてみてほしい。

 

 

例えば「今月の売上目標を達成する」が今の課題だとして、それを達成してどうするの?

 

 

それでなんかしらのボーナスが出たとして、どうすんの?

 

 

そのボーナスを使いたいことに使ったとして、どうすんの?

 

 

営業成績が認められて、昇進されたとして、どうすんの?

 

 

 

・・・こうやって問いかけていくとわかると思うけど、目の前の課題をクリアしたところで、果たしてあなたが望んだ世界が待っているか。それは甚だ疑問。

 

 

っていうか、そもそも、あなたがそれを「課題」と認識している以上、それって「苦役」じゃね?って私は思っちゃう。

 

 

だってさ、「○○が課題です」って言ったとき、その「課題」とセットでついてくるものって、「もっとこうしなきゃいけない」「ああしなきゃいけない」っていう、いわゆる「ねばならない」論だよね?「have to do」だよね?場合によっては「must do」だよね?

 

 

「しなきゃいけないから、する」って、それって「課題の奴隷」じゃん。

 

 

本来は「○○したいから、する」を目指しているべきなのにそれが「○○しなきゃいけない」になってたら、それは「苦役」以外の何者でもない。

 

 

だからね、「課題をこなす=自分に苦役を課す」ってこと。

 

 

ほら!「課す」の「課」って、「課題」の「課」じゃん!

 

 

 

そして、そして、

 

 

さっき「しなきゃいけないから、する=課題の奴隷」って話したよね?

 

 

「奴隷」ってさ、

 

 

苦役を耐えたあとどうなるかな?

 

 

 

「あなたはしっかり苦役を完遂しました。だから明日からあなたは晴れて自由の身です。あなたの生きたいように生きてください」

 

 

ってなると思う?

 

 

ならないよね?

 

 

ぜーーーったい、新しい苦役が待ってるよね?

 

 

「奴隷」って、そういうもんよ。

 

 

 

あなたが「課題の奴隷」として愚直に頑張って、仮に目の前の課題が達成されたとしても、そこで待っているのは、新たな「課題」。それを達成したら、また新たな「課題」がやってくる。この繰り返し。

 

 

つまり、

 

 

あなたが「課題の奴隷」である以上、あなたは一生「課題」をこなすことでその生涯を終えることになる。

 

 

「それでもいいの?」っていうのが、私の問いかけ。

 

 

あたしはそんなのやだね。

 

 

その課題をなんとも思ってないならまだいいけど、もし「今は辛いけど」って意識で課題に取り組んでいるんだったら、その「今は辛いけど」は永遠に、

 

 

ずっと、

 

 

死ぬまでついて回る。

 

 

「だったらさっさと死んじまったほうがマシ」って思うから、

 

 

バカまじめな人ほど自分で命を絶っちゃうんだよね。

 

 

 

だからさ、

 

 

「課題をクリアすれば楽になれる」なんて、真っ赤な嘘。

 

 

「課題」の先にあるのは、新しい「課題」でしかない。

 

 

場合によっちゃ、それは最初の課題より大変かもしんない。

 

 

 

アラブの春なんか、その最たる例で、独裁政権倒して民主化したはいいけど、結局その「課題」をクリアしたあとあらたな「課題」が発生して、それで大モメからの内戦。

 

 

イギリスだって、「難民嫌だからEU離脱しよう!」って決めたはいいけど、その後どうよ?

 

 

安倍さんを総理大臣から引き摺り下ろそうとしてるけど、そのあとどうするかまで考えてる?割りと理にかなったこと考えてるなら、まあ止めないけど(笑)

 

 

だから、「果たしてその課題をクリアする意味ってあるのか」「クリアして、どうするか」ってことは、常に考えなきゃいけない。

 

 

というか極論、「課題」と認識しているものは、クリアしないほうがいい。

 

 

「課題」は放置プレイでも、なんとかなります。

 

 

「課題をクリアしないと、○○という悪いことが起こる」っていうけど、結局すべてのものごとってプラマイゼロで、それにあなたや周りの人間が勝手に善悪を色付けしているだけ。

 

 

 

あのヒトラーノーベル平和賞候補にノミネートされてたってご存知?

 

 

考えられないよねー。どんなクズでも、「いやそれはマズイっしょー」って思うよねー。きっとクズネッツもびっくりだよねー。

 

 

 

た、だ、ね、

 

 

第二次大戦前の人たち、中でも当時のドイツ人たちからしたら、ヒトラー敗戦国でズタボロだったドイツを公共事業(アウトバーン建設・国民車(フォルクスワーゲン)構想)とかで復活させた英雄。支持率も90%に迫ってた。

 

 

無断再軍備からのオーストリア併合こそあったものの、ミュンヘン会議で「これ(チェコスロバキアズデーテン地方)以上の領土の要求はしない」とヒトラーが宣言したことで、「第二次世界大戦が回避された」と世界が賞賛し、結果ヒトラーは当時、ノーベル平和賞候補としてノミネートされた。一応、筋は通ってるよね。

 

 

もちろん、その数年後に第二次世界大戦は起こったし、ユダヤ人の強制収容・大量虐殺の実態が白日のもとに晒され、とても彼はノーベル平和賞を取れるような善人ではないということは、今となっては明らかだけどね。

 

 

私も、いくら敗戦国ドイツ再建の立役者とは言え、彼の行いは決して許されるべきではないと思ってる。

 

 

ヒトラー」や「ナチス」というテーマはデリケートなテーマだから、一応私の立場と考えはしっかり述べさせてもらったよ。あとで「ほりみりおはヒトラーを賞賛している」とか言われたらいやだから。そんなこと一ミリも思ってねーから。

 

 

そんなわけで、今でこそノーベル財団は「ヒトラーノーベル平和賞ノミネートはジョークだった」と言っているらしいけど、当時の状況を考えたらジョークだったとは考えづらいんだよね。

 

 

当時の人々にとって、彼は"偉大なる"指導者だったんだから。

 

 

そういやかつて"偉大なる将軍様"もいたよねー。

 

 

調べたら、いまのあの国のトップは"偉大な領導者"って肩書らしい。

 

 

ってか、調べながらブログ書いてたら、タブがめっちゃ危ない人みたいになってるwwwwwwww

 

f:id:horimirio:20170717183841p:plain

 

あっ、せっかく"あの国"って伏せたのに、このスクショの画像公開したらバレバレじゃんwwwwwwまあいっかwww

 

 

 

話がだいぶ脱線したけど、要は何が言いたかったかというと、

 

 

物事の良し悪しなんて、個人の価値観や世間の風潮でいくらでも変わる

 

 

ってこと。

 

 

 

だから

 

 

「課題をクリアしないと、○○という悪いことが起こる」ってのは、「課題をクリアしないと○○が起こるけど、それは悪いことだと思う」の間違いで、しかもその「○○」を悪いと決めつけているのは自分自身なんだよ。

 

 

 

「ちょっと待てよ!「○○が悪」ってのは世間の風潮であって、それを俺のせいにすんなよ!」

 

 

そんな声が聞こえてきそうだけど、もし世間の風潮がそれを「悪」と決めつけていたとしても、受け入れられるかどうかは別として、それをあなたが「善だ」と言い張ることはできるよね?

 

 

と、いうことはだよ、

 

 

「○○が起こることは悪いことって世間が思ってるから、○○が起こるのは悪いこと」ってただの責任転嫁じゃん!

 

 

結局「○○が起こるのは悪いこと」って決めてるのは自分自身なのに、それを世間のせいにしてるだけ。

 

 

でも人間ってさ、自分に責任が降りかかるってなると、自己防衛本能が働いて、責任から逃げたくなるものなんだよねー。

 

 

弱いよねー、人間って。

 

 

クズだよねー。

 

 

クズだから「目の前の課題をせっせとこなせば、いつか楽になれる」って見当違いなこと考えちゃうんだよねー。

 

 

 

でもさー、だからといって何もやらなくなったら、それこそ本当のクズになっちゃうよねー。

 

 

じゃあどうすればいいかって?

 

 

お話したいところだけど、もうすでにとんでもない長さになってるみたいだから、また次回話すねー。

 

 

ばいばーい!