ほりみりおから見た世界

ショートエッセイや何気ない日常を、ほりみりお視点でお届けします。

移動時間を"あえて"かける

中2日開けての更新になってしまいました。

 

ここ数日はなかなか体調が安定せず、

「あっ、やばいな」と思って

出力を弱めるなどしなければならない

言うなれば"我慢の時"でした。

 

暑さが徐々に厳しくなっています。

 

その一方で、

建物に入ると冷房がガンガン効いています。

 

気温の変化は自律神経の乱れを引き起こし、

体調を崩しやすくなるので、

皆様もくれぐれも体調管理にはお気をつけ下さい。

 

 

さて、今日は

「敢えて移動時間をかける」

というテーマで、お話しようと思います。

 

ビジネスにかぎらず、

あらゆるもののスピードが早い昨今ですが、

そんな時代でも私は移動には

バスを頻繁に利用します。

 

バスは、

電車と比べるとだいぶ移動時間がかかります。

 

それでも私は、

移動にバスを利用します。

 

なぜか。

 

それは、

「バスが私の作業場だから」です。

 

都市部に限った話なのかもしれませんが、

現在バスにはフリーWi-Fiが整備されています。

 

このWi-Fiを利用して、

PCやスマホで作業をすることができるのです。

 

実際、

このブログも現在、

バスのフリーWi-Fiを使用して書いています。

 

 

バスを作業場として捉えると、

「移動時間が長い」は、

むしろ大きなメリットになります。

 

駅から駅へ移動する場合、

電車で15分で行けるような場所でも、

路線バスでは40分近く時間がかかります。

 

15分ではできる作業は限られますが、

40分もあれば、大抵の作業はこなすことができます。

 

大きなまとまった時間ができ、

移動時間が作業時間に変わるので、

電車で吊革につかまっているより

はるかに効率的な時間が生まれるのです。

 

しかも路線バスは、

座席ごとに空調が設けられていますので、

ある程度自分好みの空調に調整できます。

 

そして、1日乗車券を購入すれば、

移動コストも大幅に抑えられます。

 

都営バスの場合、

都心部に縦横無尽に張り巡らされた路線を

一日たった500円ですべて利用できます。

 

電車で移動+カフェで作業したら、

500円なんていとも簡単にオーバーします。

 

コスト面においても、

バスの有効活用はぜひおすすめしたいところです。

 

 

ですが、最後に注意点!

 

車内が混雑しているときは、

スマホ作業に徹しましょう。

 

席を必要としている方がいたら、

席を譲りましょう。

 

バスはある程度プライベートゾーンが

確保できる座席配置なので、

それだけ気をつけていれば、

基本的に問題はないと思います。

 

バスで本を読むときに守るべきマナーさえ守っていれば、

基本的には問題はないと思いますし、

「本はOK、PCはダメ」

というのは、あまり筋が通っていないと思います。

 

それさえ守れば、

快適な時間を過ごすことができますよ♪