ほりみりおから見た世界

ショートエッセイや何気ない日常を、ほりみりお視点でお届けします。

「大事なもの」って?

朝はやくおきて、

四角い箱に詰め込まれて――。

 

それを毎日繰り返す。

 

「生きるため」。

「家族のため」。

 

理由はさまざまだろうけど、

ほんとうは誰も、

朝からそんな拷問受けたくないはず。

 

でも、

だれも変えようとはしない。

 

みんなそれが当たり前だと思っているから。

 

朝は電車に押し込まれて、

帰りも人がいっぱいの電車で帰る。

 

それが、都会の日常。

 

私は、疲れているのだろうか。

 

いや、そうじゃない。

 

ぎゅうぎゅうに押し込まれている人達を見て、

「なんであんなことしてるんだろう」と

子供のような純粋な視点で眺めているだけだ。

 

もしそれが

「大事な何かを守るため」の行動なら、

もっと大事なものを

この国の大多数の大人たちは見落としている。

 

そんな気がする。

f:id:horimirio:20170708184831j:plain